足元が寒い【簡単&節約】部屋の防寒対策3つで解決

エアコン、石油ファンヒーターにストーブ、電気カーペットやコタツ・・冬の寒さ対策として様々な方法がありますが、出来るだけ省エネで且つ暖房費は抑えたいもの。

特にエアコンで暖房をつけると、夏の冷房と違って電気代がかなり高くなってしまいます。

私は1Kのマンションに住んでいるのですが、比較的一般的な木造住宅に比べると断熱性はあるものの、それでも真冬はエアコンの設定温度を25度くらいにしても足元の寒さは解消できません。

だがしかし、

暖房の設定温度を1度下げるごとに、消費電力は10%も下がるそうです。

ずばり推奨されている暖房の設定温度は20度

20度って。

それ全然暖かくなりませんやん・・(泣)

それで部屋が足元まで暖かくなるっていうなら、そりゃ20度に設定したいですよ!
電気代だって安くしたいし・・。

というわけで、どうにか暖房を20度の設定で部屋全体を暖めるべく方法を3つ試してみました!

超簡単・防寒対策は3つでOK

私が解消したいポイントは以下の3点です。

①エアコンの温度を下げて(20度にしたい)、電気代を安くしたい。

②窓からの冷気を遮断したい。

③足元の冷えを解消したい。

そこでいくつか案を考えました。

コタツにする→→スペースがないので却下

電気カーペット→→電気代は下がるのか微妙なので却下

電気ブランケット→→足元というか足の裏や甲を暖めたいため、ピンとこないので却下

費用も出来る限り抑えたい!
これも大切なポイントです。

そして実際にやってみた対策が以下の3つになります。

簡単で安い順番に解説していきます。

レベル1 防寒シートを窓に貼る

100円ショップで買えます

写真を撮り損ねてしまったので、みんな大好きDaisoさんのオンラインショップで同じようなものを見つけたのでリンクを貼っておきます。

日差し&冷気をシャットシート(2枚) | 【公式】《まとめ買いなら》DAISOオンラインショップ
日差し&冷気をシャットシート(2枚): 簡単!水だけで貼れるお部屋の暑さ寒さをやわらげる夏は涼しく、冬は暖かい冷房暖房効率アップ!キレイに剥がせる貼り直しOK!貼るだけで、窓からの熱気や冷気を防ぎ、冷暖房効率アップします。水だけで貼りつけることができるので、手間いらずで簡単です。粘着剤を一切使用していませんので、窓ガラ...

オンラインショップなのでセット売りしてますが、もちろん店舗では100円(税抜き)なのでご安心を。

私はこの防寒シートを窓全体ではなく、窓の下の隙間を隠すように貼りました。

窓一枚あたりの予算・・・100円

レベル2 プチプチを窓全体に貼る

ホームセンターで買えます

多少の差はあるとしてもホームセンターで、大体100cm×5mのものなら500円程度で売られています。


ちなみに正式名称であり、かっこつけて言うならエアキャップです!でもプチプチって言う方が私は好きです。どうでもいいですね。

職場でプチプチを使って梱包する作業が多いためたくさん置いてあります。ちゃっかり私は使う分だけタダで頂いてきました♪
あ、もちろん黙って持ってくるような真似はしてませんよ!

プチプチを窓の大きさに切ります。

それを窓枠に合わせて、後からきれいに剥がせる両面テープで貼ればOKです。

私の部屋の窓は扉タイプのもので、貼ってしまうと扉の開閉に支障が出そうだったので、窓よりも長めにカットしてカーテンのようにぶら下げることにしました。

100均で買ったクリップで挟んでぶら下げました

全体像はこんな感じ

プチプチなんてつけたらビジュアル的にキツイだろうな・・だけど冬だけだし仕方ないかと割り切ってはいたのですが、思っていたほどヤバい感じではないです。

特に目隠しになるようなカーテンはつけていなかったので逆にちょうどよく隠されて、だけど光はちゃんと入るのでけっこう気に入りました!

写真に入りきってないのですが、窓の下の方はレベル1で紹介した断熱シートも貼っています。

窓一枚あたりの予算・・約500~1000円

レベル3 サーキュレーター

楽天でお得に買い物

サーキュレーターは本当に最強です!

これは想像以上に威力を発揮しました!

足元を暖めたいという願いはもちろんのこと、部屋全体をまんべんなく均一の温度で暖めてくれます。

こんなことならもっと早く買っておけば良かった!

ただサーキュレーターとひとことに言っても種類がたくさんありすぎて、いざ買おうかと思ったときにかなり迷いました。

どんな家電を買う時もそうですが、自分がその商品のどこに一番ポイントを置いているのか?一番譲れない部分はどこなのかを明確にしないと永遠に決められませんよね。

そこで私は、
1・静音タイプか
2・首が360度回転するのか
3・DCモニターであるか

の3つの条件を満たす商品を探しました。

オシャレで安ければ尚良し!

そして、見つかりましたー!

私の掲げた条件にピッタリのサーキュレーターです♪
色はブラックにしました。

楽天市場は毎月0と5の付く日はエントリー&楽天カードの利用でポイントが5倍になります。
もちろんそのタイミングで購入しました。

楽天市場

ヘッドの部分はマットなブラックで、土台の部分は光沢のあるブラックで、操作ボタンはなくタッチパネルになっています。

ホワイトとどちらがいいか悩みましたが、ブラックでも重たすぎずシックで落ち着いた色味が気に入りました。

首が360度回転して動くのでちゃんと真上も向きます。

エアコンの風向きを真下にして、その下にサーキュレーターを真上に向けて置くことで、部屋全体に温かい空気が行きわたるそうです。

予算・・・約2,000円~

結果と感想

電気代 1月分4,548円 (日平均気温の月平均値:4.08度

    2月分3,287円 (日平均気温の月平均値:6.7度)

1月に比べて2月は一日の平均気温が高くなったことも要因になりますが、電気代が約1,200円安くなりました!

かかった費用 5,590円
(内訳)
防寒シート    110円
プチプチ      0円
サーキュレーター5,480円

私はまず防寒シートとプチプチだけで過ごしてみました。

つける前と後とでは体感的に、窓の隙間から入ってくるすきま風がかなり減ったように感じました。

窓のそばにいると寒くて我慢できないほどだったのが、スースーする寒さが軽減して暖房の効きも良くなったようです。

部屋の温度を測ったわけではないので、正確な温度差はわからないものの体感として違いはありました!

ただそれだけでは最高気温が3度くらいの冷え込む日は、エアコンの設定温度が20度だとさすがに暖かいとまでは感じられませんでした。

そこでサーキュレーターを購入したところ、寒さ問題は一発で解消!

大雪の日や凍り付くような日もあったにも関わらず、暖房の設定温度は20度のままで全く問題なしです。

しかも部屋にいる時はいつも靴下は二枚重ね履きしていたのに、素足で過ごしても平気になったことは自分でもびっくりしてます。

まとめ

暖房(エアコン)をつけることで高くなる電気代をどうにかして抑えたい、安くしたい一心で3つの対策をしてみました。

プチプチや断熱シートを窓に貼ることは簡単ですぐにでもできます。

サーキュレーターは購入時にある程度の出費がかかってしまいますが、夏場の冷房効率を良くするためにのも使えますし、梅雨時などの洗濯物が乾きにくい時期にも活用できます。

苦手な冬をどうにか乗り越えることができました!

すきま風や部屋があまり暖かくならないことにお悩みでしたら一度お試しあれ。